ベビーシッターのサービスについて

subpage01

子供や子供を養育している保護者をサポートするサービスにベビーシッターというサービスがあります。

ベビーシッターのサービスの最大の特徴ですが、自宅で保育サービスを提供しています。

そのため子供は安心した環境でサービスを受けることができます。

営業時間ですが保育園のサービスだと朝の8:00頃から夜の19:00頃までとなっていますが、ベビーシッターの場合だと夜中でもサービスを受けることが可能である場合もあります。


しかし良いことばかりではありません。ベビーシッターのサービスは公的なサービスである保育園や幼稚園の場合と比べてかなり割高である場合がほとんどです。



そのため公立の保育園よりもお金がかかると考えておかないといけないです。サービスの時間ですが、一回入るとなかなか変更がきかない場合もあります。

そのため時間変更がないようにする必要があります。なおこちらのサービスを利用する場合には損害賠償保険に加入しているかどうかを確認しておく必要があります。
ほとんどない事ではありますが、ごく稀にシッターが自宅の備品を破損してしまう場合もあります。

そのような際にシッターの派遣会社が損害賠償保険に加入していればすぐに対応してもらえますが、万が一保険に加入していない場合には最悪の場合損害賠償に応じてもらえない場合もあります。

日本経済新聞の専門サイトのココです。

損害賠償保険に加入しているかどうか、インターネットの公式サイトや口コミサイトなどでよく確認しておく必要があります。